本当に面白い衝撃どんでん返し映画

【世界には自分ひとり】小説「ターン」のあらすじ&見どころ紹介

北村薫の小説「ターン」。

前半のゆったりとした流れから一変、後半の怒涛の展開で目が離せなくなる小説です。

本記事では、小説「ターン」のあらすじ&見どころ紹介しています。

小説「ターン」あらすじ

真希は29歳の版画家。夏の午後、ダンプと衝突する。

気がつくと、自宅の座椅子でまどろみから目覚める自分がいた。

3時15分。いつも通りの家、いつも通りの外。が、この世界には真希一人のほか誰もいなかった。

そしてどんな一日を過ごしても、定刻がくると一日前の座椅子に戻ってしまう。

いつかは帰れるの?それともこのまま…だが、150日を過ぎた午後、突然、電話が鳴った。

引用Amazon

とある事故をきっかけに、主人公、真希は自分だけしか存在しない世界へと入り込んでしまいます。

どうがんばっても同じ日を繰り返してしまう「くるりん」現象・・・。

しかし一本の電話により、その”日常”に急展開が訪れます。

小説「ターン」見どころ

小説「ターン」の見どころを紹介していきます。

自分だけしかいない世界

事故をきっかけに”とある日”に入ってしまい抜けられなくなってしまいます。

そこは自分しか存在しない世界

そしてその日はどのように過ごしたとしてもまた同じ日に戻ってしまうのです。

この「くるりん」現象はいったいなんなのか、どうやって戻ることができるのでしょうか。

私の中の私

「ターン」を読んだとき私自身まだ子どもだったこともあり、主人公が会話する謎の声の正体はなんなんだと気になってしかたありませんでした。

結局のところ自分の心、脳内での会話なわけですが、この謎の声が孤独感をやわらげて安心できるよりどころのような存在になっていたと思います。

孤独な世界に訪れる危機

繰り返される日の中、突然電話が鳴ります。

そこから事態は一変

物語は急展開していきます。

ここからがとても面白いので、どうかまだ読んでいない方には読んでほしい。

ドキドキしながらどう逃れるのか、真希は無事戻れるのか?

絶望とスリルを体験してほしいですね。




ストーリーの急展開

前半はかなりゆったりとマイペースなテンポでお話が進みます。

私は両親から本作を勧められたのですが、母からも父からも、最初は退屈だと聞きました。

しかし、ラストに物語が急展開し、とても面白くなるとも。

というわけで後半の展開に期待しながら読んだわけですが、聞いたとおり面白かったです。

個人的には前半のまったり進む時間も好きでしたので、本作はお気に入りの一冊。

読む際は前半退屈でもあきらめないでください。

後半に急加速しますから。

まとめ

以上、北村薫作の小説「ターン」紹介でした。

主人公の心の声との対話で物語が進んでいくため、不思議で独特な空気を帯びている作品です。

そして最後に訪れるどんでん返しがあり、読後はちょっと甘酸っぱい感覚もあり。

後半の怒涛の展開からは目が離せない良い小説です。