本当に面白い衝撃どんでん返し映画

【復讐劇の結末は】どんでん返し映画「手紙は憶えている」あらすじとネタバレ伏線解説、感想

かつてアウシュビッツで家族を殺害されたゼヴとマックスは、犯人への復讐を誓った。

もうすでに老人のため、体が不自由なマックスに代わりゼヴは犯人探しへ。

認知症のため記憶をときおりなくしてしまうゼヴは、マックスからの手紙だけが頼り。

本記事では、どんでん返し映画「手紙は憶えている」のあらすじとネタバレ解説、感想をつづっています。

画像Amazon

本当に面白いおすすめどんでん返し映画

 

ストーリー良し、結末良しの本当に面白いおすすめのどんでん返し映画はこちら!

 

衝撃どんでん返しを楽しみたい方はぜひ見てみてください!

 

記事をチェック

 

本当に面白いどんでん返し映画のおすすめはこちら!

【50本のどんでん返し映画を見た私がおすすめする】ストーリー良し衝撃度がハンパないどんでん返し映画決定版!

どんでん返し映画「手紙は憶えている」あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。

だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程、もの忘れがひどくなった。

ある日、彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。

「覚えているか?ルース亡きあと誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」

2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、70年前に大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。

そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。

犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。

体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙と、かすかな記憶だけを頼りに旅立つ。

だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

引用Amazon

ルディ・コランダー、本名オットー・ヴァリッシュにアウシュビッツ収容所で家族を殺害されたゼヴとマックス。

体が不自由なマックスにかわり、ゼヴはひとりで犯人探し、復讐の旅に出るお話です。

>>Amazonプライムで「手紙は憶えている」を視聴する

映画「手紙は憶えている」キャスト

  • ゼヴ・グットマン:アウシュビッツ収容所で家族を殺害した犯人の復讐に向かう。認知症を患っている(クリストファー・プラマー)
  • マックス・ザッカー :ゼヴと同じくアウシュビッツで家族を殺害された。体が不自由のためゼヴの復讐の旅を施設から助言(マーティン・ランドー)

映画「手紙は憶えている」総合評価・感想

映画「手紙は憶えている」おすすめ度
ストーリー
(4.0)
意外性
(4.0)
音楽
(4.5)
戦争の悲惨さが伝わる
(4.5)
おすすめ度
(4.5)

ただのどんでん返し映画ではなく、戦争のもたらす悲劇、苦しみを伝える作品でもあると思いました。

かといって戦争映画という感じでもなく、くくりとしてはミステリー映画がしっくりきます。

メッセージ性が強く、意外性もあり、ミステリー要素もありな良作だと思いました。

あと、個人的には劇中の音楽も良かったです。妙に耳に残りました。

>>Amazonプライムで「手紙は憶えている」を視聴する

映画「手紙は憶えている」ネタバレ伏線解説

注意

ここからはネタバレ含みますので、まだの方はさきにご鑑賞ください。

>>Amazonプライムで「手紙は憶えている」を視聴する

  • 一人目のルディ・コランダー:当時アウシュビッツにはおらず北アフリカにいたため犯人ではなかった
  • 二人目のルディ・コランダー:アウシュビッツ収容所に入れられていた同性愛者だった
  • 三人目のルディ・コランダー:3か月前に死去。アウシュビッツにはいなかったし当時父親は10歳だった。
  • 四人目の容疑者:ゼヴ(本名オットー・ヴァリッシュ)こそが探していた犯人その人で、ゼヴ自身は認知症のためその記憶がなかった
  • そしてゼヴが最後に訪問した男、クニベルト・シュトルムもまた犯人だった
  • ゼヴ(オットー・ヴァリッシュ)とシュトルムの二人がアウシュビッツ収容所のブロック責任者だったのだ
  • ゼヴはともにマックスの家族を殺害したシュトルムを銃殺し、真実を思い出したゼヴは自らも命を絶った
  • 二人が死亡したことで、マックスの復讐は成し遂げられた

一言でネタバレすると、ゼヴとマックスが探していた犯人とはゼヴのこと。

ゼヴの本名はオットー・ヴァリッシュで、クニベルト・シュトルムとともにアウシュビッツ収容所のブロック責任者をつとめていました。

腕の番号はお互いに逃亡するための手段として彫ったもの。

マックスの家族殺害の犯人はクニベルト・シュトルムとオットー・ヴァリッシュ(ゼヴ)で、マックスは二人への復讐の計画をゼヴを動かし完遂した、ということです。

ネタバレ解説・伏線

  • ゼヴが認知症であること。最大のヒントですよね。
  • 列車に乗り合わせた少年に変わった名前だといわれ、ヘブライ語でゼヴには「狼」の意味があるという(狼という言葉には、イソップ寓話の「オオカミ少年」の少年のように、「嘘つき」の意味が込められているのかなと思いました)
  • マックスの指示が異常に細かく用意周到なこと(まるでマックスの目的のためにゼヴを動かしているように見える)
  • 終戦間近、ナチス親衛隊員が死んだ捕虜の身分を盗んだという噂があった
  • マックス以外にオットー・ヴァリッシュを知る者はゼヴだけだという手紙の記述
  • アウシュビッツ収容所の生存者ならワーグナーは好まないだろうと、ワーグナーを弾くゼヴにクニベルト・シュトルムが言う(ワーグナーの音楽をヒトラーはよく使っていたそう)

>>Amazonプライムで「手紙は憶えている」を視聴する

映画「手紙は憶えている」ネタバレ含む感想

友人マックスに違和感があった

これは初見で思ったのですが、いくら二人で復讐を誓ったとはいえ、もう高齢なゼヴを自分ができないからって任せるのに違和感がありました。

復讐=犯人殺害なのですから、当然命の危険が伴うもの。

一緒に復讐にいこうとするならまだしも、友人に「僕の体では行けないからよろしく」なんてちょっと変だなと思いました。

しかも手紙に筋書きを細かく書いているのにも違和感でしたね。

戦争の傷は深い

戦争の残した傷跡はとても大きく深いものなんだと感じます。

日本もかかわりがあるため決して他人事に思ってはいけないのですが、日本の現代に生きていると現実味はありません。

しかし、こういった映画をみると第二次世界大戦は遠い昔のことのようで、今も苦しむ人がいることを忘れてはいけないと思いました。

日本でも毎年8月6日、8月9日、終戦日など戦争を考える機会はありますが、第二次世界大戦の傷は思っている以上に広い範囲に及んでいるんだと、胸が苦しくなりました。

>>Amazonプライムで「手紙は憶えている」を視聴する

「手紙は憶えている」はメッセージ性の強いどんでん返し映画

以上、映画「手紙は憶えている」のあらすじとネタバレ解説、感想でした。

メッセージ性は強めですが、ミステリー映画としても楽しめるためそこまで重いということはありません。

ですが、戦争の残す傷の深さを感じる映画で、子ども並の感想ですが悲劇は繰り返してはならないと改めて思いました。

本当に面白いおすすめどんでん返し映画

 

ストーリー良し、結末良しの本当に面白いおすすめのどんでん返し映画はこちら!

 

衝撃どんでん返しを楽しみたい方はぜひ見てみてください!

 

記事をチェック

 

本当に面白いどんでん返し映画のおすすめはこちら!

【50本のどんでん返し映画を見た私がおすすめする】ストーリー良し衝撃度がハンパないどんでん返し映画決定版!