本当に面白い衝撃どんでん返し映画

【狂気すぎて2度目は見たくならない】どんでん返し映画「プリズナーズ」あらすじ、ネタバレ解説・感想まとめ、動画視聴方法も

突然姿を消した娘。

父親ケラーは容疑者を独自で捕まえ口を割らせようとしますが・・・。

物語が二転三転し、最後には思いもよらぬ結末が待ち受けるサスペンス映画「プリズナーズ」。

本記事では、映画「プリズナーズ」のあらすじとネタバレ解説、感想をつづっています。

画像Amazon

本当に面白いおすすめどんでん返し映画

 

ストーリー良し、結末良しの本当に面白いおすすめのどんでん返し映画はこちら!

 

衝撃どんでん返しを楽しみたい方はぜひ見てみてください!

 

記事をチェック

 

本当に面白いどんでん返し映画のおすすめはこちら!

【50本のどんでん返し映画を見た私がおすすめする】ストーリー良し衝撃度がハンパないどんでん返し映画決定版!

映画「プリズナーズ」あらすじ

感謝祭の日、6歳の娘アナがひとつ年上の親友と一緒に外出したまま、忽然と消えてしまったのだ。

まもなく警察は青年アレックス(ポール・ダノ)を容疑者として拘束するが、自白も物証も得られず2日後に釈放。

刑事ロキ(ジェイク・ギレンホール)の生ぬるい対応に不満を隠せないケラーは、アレックスがふと漏らしたひと言から、彼が犯人だと確信し、自らの手で口を割らせようとする。

最愛の娘を取り戻したい一心で、法律とモラルの一線を踏み越えていく父親。

粘り強い捜査によって、新たな容疑者の存在を突き止めていく刑事。

もがけばもがくほど混迷が深まるこの難事件の背後には、想像を絶する闇が広がっていた…。

引用Amazon

ドーヴァー家とバーチ家の娘二人が突然姿を消した。

事件の容疑者として勾留された青年アレックスは、10歳程度の知能しか持ち合わせていないとの理由であっさり釈放されます。

しかし娘の父親ケラーは、青年に口を割らせようとアレックスを拉致し尋問。

その尋問はどんどんエスカレートしていき・・・。

そして事件は思いもよらぬ形で決着を見せます。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「プリズナーズ」総合評価・感想

映画「プリズナーズ」おすすめ度
面白さ
(4.5)
意外性
(4.5)
恐ろしさ
(4.5)
おすすめ度
(4.0)

長尺な映画ですが、ストーリーが面白くて長さを感じさせません。

展開にも意外性があり、サスペンス映画の名作だと思いました。

ただ、目を覆いたくなるほどの狂気が描かれているためおそろしいです・・・。生々しい拷問って、見てられないですね。

個人的には、2度目はあまりみたくないなと感じました。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「プリズナーズ」ネタバレ解説

注意

ここからはネタバレ含みますので、まだの方はさきにご鑑賞ください。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

ネタバレ解説:ケラーはというと・・・

  • ケラーは救助されたジョイにどこにいたか尋ねると、「ケラーもそこにいた」と言ったことから、ホリー宅ではないかと思いケラーはホリー宅訪問
  • するとケラーはホリーに銃を突きつけられ、真犯人はホリーであることを知る
  • ホリーの言いなりになってしまったケラーは、家の外にある地下に閉じ込められる

閉じ込められましたが、最後のシーンでロキ刑事が地下からホイッスルの音が聞こえたのに気づきました。

さすがにこれを見逃さないロキではないでしょう。

このあと、ロキに見つけ出されたケラーは尋問を受け本当の意味でプリズナーになったと推測します。

ネタバレ解説:一方ロキは・・・

  • 廃屋にてアレックスを発見
  • ホリー宅を訪れると、そこで迷路を発見し、ホリーが真犯人ではないかと考える
  • ホリー宅でホリーを見つけ、相討ちになりホリーは死亡
  • ロキは怪我を負うが、アナを見つけ病院へ急行
  • アナは助かるが、ケラーは地下に閉じ込められているため依然行方不明
  • ロキがホリーの家を訪れると、かすかに聞こえるホイッスルの音に気づく

犯人はアレックスの叔母、ホリーでした。

ホリーは夫と共謀し子どもたちを誘拐していたのでした。

アレックスも、テイラーも彼らの被害者。

ネタバレ解説:なぜホリーはそんなことをした?

ホリーはケラーにこう語っていました。

  • 夫とホリーは布教活動にも励むほどに信心深かった
  • 息子は癌で死亡し価値観が変わった
  • 子どもをさらうのは神に対する戦いである
  • 信仰心を失わせてケラーのような悪魔を創り出す

私はこういった宗教的なことに詳しくないので、ホリーの動機がよくわかりませんでした。

ホリーの発言を考えてみると・・・

かつては夫婦ともに信心深かったけど、息子が病で死亡したことで信仰していた神に怒りを覚えた。

だから神への戦いのために悪魔を生み出すことにした。

その悪魔(怒りと狂気に満ちた人間)を生み出すために子どもを誘拐した。

うーん、整理してみてもいまいち動機と行動が理解できませんね。

映画「プリズナーズ」ネタバレ含む感想

画像Amazon

ネタバレ感想:愛情をこえた狂気が恐ろしい

アレックスが犯人だと信じて疑わないときの狂気。

しかし、犯人は別にいるのでは・・・と気づいたあとのケラーの心情。

ヒュー・ジャックマンの鬼気迫る演技がすさまじいです。

とはいえ娘が誘拐された父親の立場を思うと、これがリアルのようにも思えました。

同じく誘拐されたジョイに対して、まだ衰弱しているのにもかかわらず娘のことを聞き出そうとする余裕のなさはかなりリアルだと感じましたね。

ネタバレ感想:「プリズナーズ」

真犯人であるホリー。

アレックスへの拷問を働いたケラー。

ケラーのアレックスへの拷問を黙認していたバーチ夫妻。

思いがけず容疑者テイラーを死の衝動に駆り立ててしまったロキ刑事。

登場人物はさまざまな形で「プリズナー」なんですね。

鑑賞した後で映画のタイトルの意味に気づきました。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

どんでん返し映画「プリズナーズ」は狂気的サスペンス

以上、映画「プリズナーズ」のあらすじとネタバレ解説、感想でした。

父親の愛を超えた狂気、母親の衰弱、闇に立ち向かう正義。

そして、思いもよらぬ犯人。

衝撃のラストはもちろん、ストーリーや心理描写も秀逸で面白いサスペンス映画です。

本当に面白いおすすめどんでん返し映画

 

ストーリー良し、結末良しの本当に面白いおすすめのどんでん返し映画はこちら!

 

衝撃どんでん返しを楽しみたい方はぜひ見てみてください!

 

記事をチェック

 

本当に面白いどんでん返し映画のおすすめはこちら!

【50本のどんでん返し映画を見た私がおすすめする】ストーリー良し衝撃度がハンパないどんでん返し映画決定版!