本当に面白い衝撃どんでん返し映画

【ややこしいので繰り返し視聴推奨!】切ない難解映画「シャッフル」あらすじとネタバレ解説、感想

夫ジムが死亡した。

その知らせに悲しみと絶望にくれるリンダでしたが、翌朝ジムは何事もなかったかのようにリンダの前に姿を現わしました。

いったい何が起きている・・・?

本記事では、映画「シャッフル」のあらすじとネタバレ解説、感想をつづっています。

画像Amazon

本当に面白いおすすめどんでん返し映画

 

ストーリー良し、結末良しの本当に面白いおすすめのどんでん返し映画はこちら!

 

衝撃どんでん返しを楽しみたい方はぜひ見てみてください!

 

記事をチェック

 

本当に面白いどんでん返し映画のおすすめはこちら!

【50本のどんでん返し映画を見た私がおすすめする】ストーリー良し衝撃度がハンパないどんでん返し映画決定版!

映画「シャッフル」あらすじ

親子4人で幸せに暮らすリンダのもとに、夫が自動車事故で死亡したという知らせが届く。

ところが翌朝、死んだはずの夫が何事もなかったかのように目の前に現れる。

しかし、その翌日には夫の葬儀のために、喪服に身を包んだ大勢の人々が集まっていた。

さらにその日以来、全く身に覚えのない“不可解な出来事”が次々と起こり始め…。

引用Amazon

ジムが死亡したという知らせが届きますが、翌日には何事もなかったかのように過ごしているジムの姿が。

さらに次の日には、ジムの葬儀の段取りが進んでいて・・・。

不可解なことが自分に起きていると感じたリンダは、「時間」にヒントがあることに気づきます。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「シャッフル」登場人物、キャスト

  • リンダ・ハンソン:夫の死の翌日から奇妙な体験をしていく(サンドラ・ブロック)
  • ジム・ハンソン:事故死したはずなのに翌日姿を現わす(ジュリアン・マクマホン)

映画「シャッフル」総合評価・感想

映画「シャッフル」おすすめ度
ストーリー
(4.0)
難解さ
(4.5)
切なさ
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

あらすじも何も事前情報なくみると、前半何が起こっているのかわけがわかりません。

謎が解けると「そういうことか」と納得。

サスペンス映画と思ってみると、最後には思わずうるっときてしまう展開が待っていて切なかったです。

ところどころびっくりする描写があるものの、個人的にはサスペンス映画というよりはヒューマンドラマのように感じました。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>



映画「シャッフル」ネタバレ解説

注意

ここからはネタバレ含みますので、まだの方はさきにご鑑賞ください。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

ネタバレすると、ジムの死の直前7日間がシャッフルされていて、それを回避するために妻リンダが奮闘していたということです。

ネタバレ解説:ジムの死は回避できなかった

リンダはなんとかジムの死を回避するために奔走しますが、結果は回避できず。

運命という強大な力には抗うことができませんでした。

ネタバレ解説:しかしシャッフル前と後で変わったこともある

ジムの死は回避できませんでしたが、無駄だったということではありませんでした。

7日間の中でリンダとジムは、夫婦間の問題を解消しお互いに愛を再確認することができました。

そしてジムの死後、リンダのお腹には新しい命が宿っていました。

ネタバレ解説:それぞれのできごとと起こった曜日

<シャッフルされた順番:木曜➔月曜➔土曜➔火曜➔金曜➔日曜➔水曜>

曜日 できごと
日曜日 ジムと娘たちが遊ぶ

ジムと愛を確かめ合う

月曜日 ジムが生きていた
火曜日 ロス医師に会う

ブリジットが怪我

水曜日 ジム死亡

朝ジムは保険会社を訪れる

木曜日 ジム死亡の知らせに保安官訪問

ジムからの留守電を聞く

金曜日 クレアがジムと浮気未遂を告白
土曜日 葬儀

ロス医師から拘束される

ネタバレあり!気になる点

映画をみていて気になった点がありました。

ブリジットのケガのとき、なぜロス医師に拘束されたのか

ガラスにぶつかったときの怪我と周囲は知っているのでは?

リンダは、シャッフルされていることに気づいていないからブリジェットのケガがなんなのか知らない。

でも、周りの人はガラスによるケガと知っているはずなのになぜリンダの精神がおかしくなっているということになってしまったのでしょうか。

リンダの母親は知らされてなかったのでしょうか・・・?

(知らされてなければ納得できますが、リンダとリンダの母は連絡を密に取り合っている関係に見えたので、ブリジットのケガを知らないのも不自然な気がしました)

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「シャッフル」ネタバレ含む感想

バッドエンドの中に希望

結果的にジムの死は回避できなかったので、バッドエンド。

ですが、ジムを助けることはできなかったものの死までの7日間で夫婦の愛を再確認することができ、新たな命も授かり、ただバッドエンドで終わったわけではありません。

バッドエンドの中にも、希望の光があります。

そう考えると、結果は同じでもリンダにとって、ジムにとって意味のあった7日間だったのだと思います。

「シャッフル」の原題は「Premonition(予感)」

映画「シャッフル」の原題は「Premonition(予感)」だそうです。

映画の中で、ジムがリンダから悪い夢を見たと聞かされた翌朝、保険金を3倍に変更しにいく場面がありました。

実際なら夢を真に受けてそんなことする?と思いますが、きっとリンダの真剣さに加え何か「予感」が働いたのかもしれませんね。

毎日生きていることが奇跡

忘れがちな大事なことを教えてくれた気がします。

当たり前に過ごしているこの日々、実は奇跡なんですね。

ジムの事故のようにいつ何が起きるかわからないから、大事な人との大事な時間を大事にしていかないと、と思います。

「シャッフル」はちょっと切ない、でも救いはある映画

以上、映画「シャッフル」のあらすじとネタバレ解説、感想でした。

サスペンス映画かと思いきや、中身は家族愛、夫婦愛を考えさせられるヒューマンドラマ。

最後は切ないですが、毎日生きている奇跡に感謝し、当たり前の存在、時間を大事にしたいと思える良い映画でした。

本当に面白いおすすめどんでん返し映画

 

ストーリー良し、結末良しの本当に面白いおすすめのどんでん返し映画はこちら!

 

衝撃どんでん返しを楽しみたい方はぜひ見てみてください!

 

記事をチェック

 

本当に面白いどんでん返し映画のおすすめはこちら!

【50本のどんでん返し映画を見た私がおすすめする】ストーリー良し衝撃度がハンパないどんでん返し映画決定版!