本当に面白い衝撃どんでん返し映画

【ラストは賛否両論】映画「ペイフォワード可能の王国」あらすじと結末ネタバレ解説、名言や感想まとめ

ひとりの少年のアイデアが、世界を変える。

人に良いことをされたら、その人以外の3人へ良いことを渡す「ペイ・フォワード」というアイデアを生み出した少年がそれを実行し、周りの人を、世界を変えていくお話です。

心があたたかくなるお話の結末に用意されている切ない結末には涙なしでみることはできません。

本記事では、映画「ペイ・フォワード」のあらすじとネタバレ解説、名言、感想をまとめています。

本当に面白いおすすめどんでん返し映画

 

ストーリー良し、結末良しの本当に面白いおすすめのどんでん返し映画はこちら!

 

衝撃どんでん返しを楽しみたい方はぜひ見てみてください!

 

記事をチェック

 

本当に面白いどんでん返し映画のおすすめはこちら!

【50本のどんでん返し映画を見た私がおすすめする】ストーリー良し衝撃度がハンパないどんでん返し映画決定版!

映画「ペイフォワード可能の王国」あらすじ

11歳の少年トレバーは、社会科の授業中、担任のシモネット先生から「もし君たちが世界を変えたいと思ったら、何をする?」と問い掛けられる。
悩んだ末にトレバーはあるアイデアを思いつく。それは”ペイ・フォワード”。
他人から受けた厚意をその人に返すのではなく、まわりにいる別の人へと贈っていく…という奇想天外なアイデアだった。
やがて、少年の考えたユニークなアイデアが広がり、心に傷を負った大人たちの心を癒していく…。

引用Amazon

人に助けられたら、同じく良いことをその人以外の3人に行う。

そして厚意を受けたその3人は、それぞれまた別の3人へ良いことをしていく。

そうすればクソな世界も良くなると考えた少年トレバーはそれを実行(ペイ・フォワード)していくというお話です。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「ペイフォワード可能の王国」キャスト

  • トレバー:ハーレイ・ジョエル・オスメント(ペイ・フォワードを思いつき実行する少年)
  • ユージーン・シモネット:ケヴィン・スペイシー(トレバーの通う学校の社会科先生)
  • アーリーン:ヘレン・ハント(トレバーの母、アルコール依存症)
  • リッキー:ジョン・ボン・ジョヴィ(トレバーの父、家を出ている)
  • クリス:ジェイ・モーア(記者。ペイ・フォワードのアイデアをはじめた人を追う)
  • ジェリー:ジェームズ・カヴィーゼル(トレバーが最初にペイ・フォワードした薬物中毒のホームレスの男性)

映画「ペイフォワード可能の王国」総合評価・感想

映画「ペイフォワード」おすすめ度
感動度
(4.5)
ラストの衝撃
(4.5)
俳優陣の名演
(5.0)
おすすめ度
(5.0)

評価に相違ない名作でした。

あたたくて感動的な展開に癒され心打たれ、そして最後の結末にほろっと涙してしまいました。

ラストについては賛否両論あると思いますが、個人的には良かったと感じましたね。

ハーレイ・ジョエル・オスメントとケヴィン・スペイシーの演技もすばらしいです。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「ペイフォワード可能の王国」ラストネタバレ

注意

ここからはネタバレ含みますので、まだの方はさきにご鑑賞ください。
無料トライアル実施中!<U-NEXT>

  • 広がるペイ・フォワード運動の発案者を追うクリスはトレバーにたどり着く
  • アーリーンはリッキーとやり直そうとするが、リッキーは変わってなく失敗
  • トレバーは取材を受ける
  • トレバーは取材でペイ・フォワードは失敗したと言う
  • ユージーンとアーリーンは、お互いに必要だと思いを交わす
  • トレバーは取材後、いじめを受けているアダムを助ける
  • アダムを助けるが、暴行を加えていた少年がナイフを持っておりトレバーを刺す
  • 急ぎ病院に連れていくが、トレバーは死亡。
  • ペイ・フォワード運動をはじめたトレバーが死亡したとテレビで取り上げられる
  • ユージーンとアーリーンの周りには、トレバーをしのぶ人たちが大勢やってきていた
  • トレバーは失敗したと言っていたが、実は全米各地でペイ・フォワードは多くの人に広がっていた

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「ペイフォワード可能の王国」名言

日々の暮らしに慣れ切った人たちは良くないことをなかなか変えられない。だからあきらめるんだ。

ケヴィン・スペイシー演じるユージーンは、トレバーのことばを聞き無意味な人生はもう終わりにしたいと、アーリーンに正直な自分の気持ちを話しました。

アーリーンが勇気を出して自分を変える努力をしたように、ユージーンもまたトレバーに心を動かされたのでした。

映画「ペイフォワード可能の王国」ネタバレ含む感想

ラストのトレバー死亡は泣かせるためにこういう展開にもっていったんじゃないかという意見もあると思います。

たしかに、トレバーは死ぬ必要なかったと私も思いましたし、生きててほしかったです。

しかし、「ペイ・フォワード」の広がり、トレバーの影響力を印象付けたという場面としてはあのラストで良かったのかなとも思いました。

あと個人的にはボン・ジョヴィのボーカリストであるジョン・ボン・ジョヴィが出演しているところも見どころ。

良い役ではないし出番は少ないものの、かっこよくて存在感がありました。

最後はすごく悲しくて泣けてきますが、人に優したいと思わせてくれる良い映画でした。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

切なすぎる名作映画「ペイフォワード」

以上、映画「ペイフォワード」のあらすじとネタバレ、感想紹介でした。

ラストは本当に毎回涙してしまいますが、ユージーンやアーリーンはじめ、トレバーによって心動かされていく様子には心があたたまりますし感動的な気持ちにもなります。

優しくて、美しくて、でも切ない名作です。

本当に面白いおすすめどんでん返し映画

 

ストーリー良し、結末良しの本当に面白いおすすめのどんでん返し映画はこちら!

 

衝撃どんでん返しを楽しみたい方はぜひ見てみてください!

 

記事をチェック

 

本当に面白いどんでん返し映画のおすすめはこちら!

【50本のどんでん返し映画を見た私がおすすめする】ストーリー良し衝撃度がハンパないどんでん返し映画決定版!