本当に面白い衝撃どんでん返し映画

【ラスト見破れる?】どんでん返し映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」あらすじと見どころ、ネタバレ解説、感想

ダコタ・ファニング×ロバード・デ・ニーロ主演のどんでん返し映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」。

幽霊?人間?正体不明の恐怖にドキドキしながら見ると・・・最後は見事にどんでん返しで騙されてしまうサスペンス映画です。

ダコタ・ファニングの迫真演技も見どころのひとつ。

本記事では、どんでん返し映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」のあらすじとネタバレ解説、感想をつづっています。

ハイド・アンド・シークのようにゾッとするどんでん返し映画はこちらをご参照ください。

画像Amazon

本当に面白いおすすめどんでん返し映画

 

ストーリー良し、結末良しの本当に面白いおすすめのどんでん返し映画はこちら!

 

衝撃どんでん返しを楽しみたい方はぜひ見てみてください!

 

記事をチェック

 

本当に面白いどんでん返し映画のおすすめはこちら!

【50本のどんでん返し映画を見た私がおすすめする】ストーリー良し衝撃度がハンパないどんでん返し映画決定版!

映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」あらすじ

デイビッドとエミリー親子に悲劇が突然訪れた。

彼らの妻であり母だったアリソンが、自ら命を絶ったのだ。

浴室で手首を切り、血まみれになった母の姿。

それはまだ9歳のエミリーにはあまりに大きな衝撃だった。

そして、すっかり心を閉ざしてしまったエミリーに対して、心理学者であるデイビッドはなんとか娘の心の傷を癒そうと、ニューヨーク郊外の湖のほとりにある静かな町へと移り住む。

しかし、エミリーは周囲と打ち解けようとせず、地下室で“見えない友達”チャーリーと遊ぶようになっていく。

だが、チャーリーはエミリーのただの遊び友達ではなかった。

チャーリーの存在が、デイビッド親子の生活を脅かし始めていく。愛する娘のために、デイビッドはすべてを投げ打つ決意をするが、それはさらなる悲劇の序章に過ぎなかった……。

引用Amazon

田舎町に引っ越したエミリーに新しい友達ができます。

新しい友達の名前はチャーリー。

デイヴィッドはチャーリーのことをエミリーに聞こうとするも、何も話すなとチャーリーに口止めされています。

しかし、やがてチャーリーの存在が静かな暮らしに脅威をもたらします。

チャーリーの正体を知ったとき、見る者すべてが驚愕の展開にゾッとします。

映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」キャスト

  • デイヴィッド・キャラウェイ:ロバード・デ・ニーロ(心理学者の父親)
  • エミリー・キャラウェイ:ダコタ・ファニング(デイヴィッドの娘)
  • キャサリン:ファムケ・ヤンセン(精神病院の先生)

U-NEXTで「ハイド・アンド・シーク」を視聴する

映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」総合評価・感想

映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」おすすめ度
面白さ
(4.0)
意外性
(4.0)
迫真の演技
(5.0)
ホラー度
(4.5)
おすすめ度
(4.0)

暗い、怖いです。

怖いというか、ホラーらしく音がバンっとなるシーンが多くてびっくりします。

そして肝心のどんでん返しには騙されてしまいました。

でも結構ありがちな設定なので、途中で、早ければ前半で気づく人も多いはず。

あなたはラストの結末を予測できるでしょうか?

推理して楽しむのも面白いですよ。

ただし、エグイ描写もあるので苦手な方は要注意。

U-NEXTで「ハイド・アンド・シーク」を視聴する

映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」見どころ

ダコタ・ファニングの演技力

この子どもちょっとおかしいんじゃないか・・・と思わせる異常な雰囲気から、恐怖に本気で怯える演技まで本当に見事でした。

正体不明の恐怖から逃げる場面は圧巻。

おかげでさらに緊張感が高まって、良いホラー映画になったと思いました。

チャーリーという正体不明の恐怖

物語のキーとなるのがチャーリーというエミリーの友達。

視聴者もチャーリーの正体がわからないので、正体不明の恐怖に不安になります。

いったい何がデイヴィッド親子に起こっているのか。

怖いけど気になってしかたありません。

U-NEXTで「ハイド・アンド・シーク」を視聴する




映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」ネタバレ解説

注意

ここからはネタバレを含んでいますのでまだの方はさきにご鑑賞ください。

U-NEXTで「ハイド・アンド・シーク」を視聴する

  • チャーリーの正体は父・デイヴィッドの別の人格だった
  • 浮気をした妻、エリザベスを殺害したのはデイヴィッド
  • 「大丈夫、お父さんは消えたよ」で完全にデイヴィッドはチャーリーの人格に
  • 助けにきたキャサリンによってデイヴィッドは銃で撃たれ死亡
  • その後エミリーは家でお絵かきをしていたが、そこにはエミリーの隣に黒いエミリーの姿が
  • つまり、デイヴィッドのようにエミリーにも別の人格が芽生え始めていた

実はチャーリーの正体は父親のデイヴィッドだった。

そしてデイヴィッドの血を引く娘エミリーにも別人格が発現していた。

という二重のどんでん返しがあります。

王道どんでん返しで、きれいにまとまっていたと思います。

伏線・ネタバレ解説

  • チャーリーと話すエミリーの部屋にデイヴィッドが入ってきたシーン。「お前が窓をあけたのか?」とエミリーに聞くデイヴィッドに対し「パパよ」と答えました。
  • 訪れたエリザベスに「あなたも用心を」というエミリー。
  • 隣人家を双眼鏡で見るデイヴィッド。普通の行動ではないですよね。
  • エリザベスがデイヴィッドの家を訪れたシーン。デイヴィッドは家にいるのにエミリーはいないと言います。そして、チャーリーが今押し入れに隠れていると。

ネタバレ含む感想

今みると、結構こういうラストの作品が多いので新鮮さがないかもしれませんが、私が観た当時は普通のホラーだと思っていたので驚きましたね。

それにしても、実はおかしいのは主人公だったという結末はずるいですね。

無意識のうちに、「主人公=正義」という思い込んでいるので、主人公を疑わないのです。

こういうどんでん返し、私が鈍いのもありますがまんまといつも騙されてしまいます。

最初はダコタ・ファニングがおかしい子どもなのかも、と思ってみていましたが、真実がわかったとたんにダコタを全力で応援してしまいますね。

隣のおじさんの怪しさも、わざとそういうふうに見せかけただけでしたね。

【ネタバレ】映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」別エンディング

映画公開当時、別のエンディングが劇場数か所のみで用意されていました。

その別エンディングとは・・・

エミリーは精神病院に入れられていた。

というもの。

いずれにせよ、エミリーは精神に異常をきたしていたというラストには変わらないですね。

別エンディングはさらにDVD特典でさらに3パターン用意されているため、気になる方はブルーレイでご確認ください。

映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」は王道どんでん返し

以上、どんでん返し映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」のあらすじと見どころ、ネタバレ含む感想でした。

ありがちなどんでん返しかもしれませんが、個人的には王道だけど良かったと思いました。

普通に騙されましたしね!

ホラーが苦手でない方でしたらぜひ騙されてみてください。

ハイド・アンド・シークのようにゾッとするどんでん返し映画はこちらをご参照ください。

本当に面白いおすすめどんでん返し映画

 

ストーリー良し、結末良しの本当に面白いおすすめのどんでん返し映画はこちら!

 

衝撃どんでん返しを楽しみたい方はぜひ見てみてください!

 

記事をチェック

 

本当に面白いどんでん返し映画のおすすめはこちら!

【50本のどんでん返し映画を見た私がおすすめする】ストーリー良し衝撃度がハンパないどんでん返し映画決定版!