本当に面白い衝撃どんでん返し映画

読書にはkindle端末がおすすめ!良い点と選び方解説

電子書籍がすっかり定着している近年。

それでも読書にはやっぱり紙媒体ではないと!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際私も電子書籍なんて邪道だななんて思っていた時期がありました。

しかし、やはり使い始めるとこれがとにかく便利で快適でした。

ぜひあなたにも電子書籍をおすすめしたいので、そのメリットや選び方を徹底解説したいと思います。

そもそもkindleって何?

大手通販サイトAmazonが提供する電子書籍サービスのこと。

実は、専用アプリを使ってスマートフォンでも利用することはできます。

ただ、スマートフォンだとバッテリーや要領、大きさなどを考えると読書に没頭できません。

そこで読書専用にkindle端末を持っておくととても便利なんです。

kindle端末での読書のメリット

ここではkindle端末のメリットを紹介します。

紙の読み心地で目に優しい

表示は上記のような感じ。

画像だとわかりづらいですが、紙のような表示で目に優しいのです。

そして光の反射で読みにくい、目が疲れるという心配もありません

自然とまわりの照明環境と同じ明るさになるからです。

バッテリーが長持ち

一度充電を満タンにしてしまえば、1日30分程度の使用で数週間バッテリーが持つのです。

スマートフォンだと通話やライン、インターネットなどを使用するため読書までするとバッテリーが気になりますよね。

kindle端末があればバッテリーは気にならないのでおすすめ。

本棚フリー

たった1台のkindle端末があるだけで、8GBモデルだと漫画約130冊、32GBなら650冊保存ができます。

クラウドへの保存を利用すれば無限に本が楽しめます。

本って増えるとかさばるので、探したり本棚のスペースを確保したり、引っ越しともなると大変ですよね。

ですがkindle端末ならクラウド利用すれば無制限に保存して楽しめるので、本にかかわる悩みが一切なくなります

kindle端末の比較

kindleのメリットをお伝えしました。

でもやはり気になるのは価格ではないでしょうか?

そして実際どれが良いのかの比較も気になるポイント。

それぞれ表で確認していきましょう。

現在最新モデルとしてAmazonが売り出しているのが下記3種類のモデルです。

  1. Kindle (¥ 7,980)
  2. Kindle Paperwhite (¥ 13,980)
  3. Kindle Oasis (¥ 29,980)

それぞれの端末の大きなところの比較はこのようになっています。

右にいくほど高く上位モデルです。

端末 kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
価格 ¥ 7,980 ¥ 13,980 ¥ 29,980
防水機能 なし あり あり
接続 Wi-Fi Wi-Fi + 無料4G Wi-Fi + 無料3G
容量 4 GB 8 GB / 32 GB 8 GB / 32 GB

kindleが下位モデルで、防水機能がなく、容量も少ないです。

そしてWi-Fiのみになるので、外出先ではWi-Fiスポットがないと使用できません。

結局どのkindleがおすすめなの?

Kindle Paperwhiteが下記理由からもっともおすすめです。

  • 防水機能ありなのでお風呂でも読める
  • 無料4GBがあるため外出先でも読める
  • 8 GB / 32 GB選択可能
  • 明るさ調整可能
  • 最上位モデルと機能はそれほど変わりなし、なのに15,000円安い

kindle購入前にAmazonプライム会員になればよりお得に

Amazonプライム会員であれば、「Prime Reading」という会員限定のサービスが利用可能になります。

Prime Readingとは

対象のコンテンツ(本、雑誌、漫画)が会員限定で無料読み放題となるサービス。

読み放題の対象となるコンテンツは随時更新されていきます。

Amazonプライム会員になればさまざまな特典が受けられる

kindleに限らず、Amazonプライム会員になれば便利な宅配サービスが受けられたり、AmazonビデオやAmazonミュージックも楽しめます。

月額たったの325円でお得すぎる特典が受けられるのでおすすめです。

むしろ入らないほうがもったいないレベルのサービスです。

無料お試し期間もあるので、お気軽に体験してみてください。

Amazonプライム30日無料体験をはじめる

まとめ

以上、Amazonkindleのメリットと端末比較を解説しました。

一度端末を購入さえしてしまえば、プライム会員なら読み放題特典を受けられますし、快適に読書ができます。

電子書籍に抵抗がある人も、一度試してみてはいかがでしょうか。