本当に面白い衝撃どんでん返し映画

【謎解きの先に待つ驚愕事実】どんでん返し映画「ダ・ヴィンチ・コード」あらすじとネタバレ解説、感想まとめ

ダン・ブラウン原作の「ダ・ヴィンチ・コード」が映像化された作品「ダ・ヴィンチ・コード」。

ルーヴル美術館館長の変死体をきっかけに追われる身になったラングドン教授が、事件に隠された謎を解いていき、最後には驚きの結末を目撃することになるミステリー映画です。

本記事では、トム・ハンクス主演の映画「ダ・ヴィンチ・コード」のあらすじとネタバレ解説としています。

画像Amazon

「ダ・ヴィンチ・コード」を視聴するなら

映画「ダ・ヴィンチ・コード」はU-NEXTにて視聴可能です!

31日間のお試し期間があるのでお気軽にお試しください!

お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません。




無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

どんでん返し映画「ダ・ヴィンチ・コード」あらすじ

ルーブル美術館で殺された館長の周りに残された不可解な暗号。

容疑者として現場に連れてこられたラングドンは、館長の孫娘で暗号解読者のソフィーに助け出される。

ファーシュ警部をはじめとするフランス司法警察に追跡されながら、暗号の謎を解き始めるふたり。

そこに歴史を覆す驚愕の真実が・・・!

引用Amazon

ルーヴル美術館の館長であるソニエールが射殺体で発見されました。

そして奇妙なことにソニエールの死体はダヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」(下記図)を模す形になっており、それがソニエールの意図によるものだと判明。

画像Amazon

フランス警察のファーシュはほかの容疑者を探さずにラングドンが犯人と決めつけ、ラングドンはファーシュに追われる身に。

ソニエールの孫娘であるソフィや旧友リーの助けを得ながらたどりついた真相には驚きの陰謀が隠されていました。

その驚愕の展開、まさにどんでん返し。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「ダ・ヴィンチ・コード」登場人物解説

  • ロバート・ラングドン:ハーバード大学の宗教象徴学専門の教授
  • ソフィー・ヌヴー:暗号解読官で館長の孫
  • リー・ティービング:ラングドンの旧友、聖杯伝説の研究者
  • レミー・リュガルテ:リーの使用人
  • シラス:オプス・デイの殺し屋
  • アリンガローサ:オプス・デイの司教
  • ファーシュ:フランス警察の警部
  • ジャック・ソニエール:ルーヴル美術館の館長、死体で発見された

映画「ダ・ヴィンチ・コード」総合評価・感想

映画「ダ・ヴィンチ・コード」おすすめ度
面白さ
(5.0)
意外性
(4.0)
複雑度
(4.5)
おすすめ度
(4.5)

率直にいうと、小説のほうが物語や謎解き要素が濃密でおすすめ。

まさかのどんでん返しもあり、難しいのに引き込まれてしまいます。

ですが映画だとわかりやすくてかつ面白さはそのままなので、上・中・下ある小説を読むのはしんどいという方にはとても良いと思いました。

映画「ダ・ヴィンチ・コード」ネタバレ解説

注意

ここからはネタバレ含みますので、まだの方はさきにご鑑賞ください。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

  • ロバート・ラングドン:ソニエール殺害の犯人として追われる
  • ソフィー・ヌヴー:キリストの末裔、マリアの子孫
  • リー・ティービング:事件の黒幕。聖杯を見つけ出したい
  • レミー・リュガルテ:リーを裏切るふりをするがリーとグル。しかしピーナッツアレルギーで、アナフィラキシーショックを利用してリーに殺害される
  • シラス:導師リーの指示に従うオプス・デイの殺し屋
  • アリンガローサ:リーと共謀。キリストの血脈を絶ちたい
  • ファーシュ:オプス・デイ。アリンガローサに利用されてラングドンを追わされていた
  • ジャック・ソニエール:キリストの最後の末裔であるソフィを守りたい。聖杯の守護神である3人が殺害されたため、自分が死ねば聖杯のありかが永遠に閉ざされてしまうとソフィに秘密を託した。
  • 黒幕は導師リー。リーの指示によってアリンガローサやシラスは動かされていた
  • ソフィはキリストの最後の血を引く者
  • 聖杯の正体はマグダラのマリア
  • マリアの棺を、ルーヴル・ピラミッドの前でラングドンは突き止める

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「ダ・ヴィンチ・コード」ネタバレ解説

映画「ダ・ヴィンチ・コード」には複雑なお話が多いので、難しいところを解説します。

シオン修道会は教会によって虐殺された。

フランスの王が聖地エルサレムを征服した1000年前。

十字軍の遠征の総指揮を執ったのが、秘密友愛組織のシオン修道会であり、彼らがつくった武装集団テンプル騎士団でした。

表向きは聖地を守る騎士団でしたが、真の狙いはそうではありませんでした。

本当の目的は、キリストの時代に失われた宝物(聖杯)を見つけること。

そのためには殺戮もいとわないのでした。

宝物(聖杯)は見つかった?

ある日テンプル騎士団は見つけるのをあっさりやめてローマに戻りました。

そして教皇はテンプル騎士団に権力を与えました。

しかし、テンプル騎士団の権力は肥大化しすぎ、脅威を感じたバチカンはある命令書をヨーロッパ全土に送りました。

教皇は、テンプル騎士団は悪魔崇拝者である、だから彼らを抹殺するよう神のお告げがあったと言いました。

その結果テンプル騎士団はほぼすべて地上から抹殺されてしまいました。

それが、1307年10月13日の金曜日。

教皇はシオン修道会のもつ宝物を探させましたが、見つからず。

宝物を探す旅は再び始まったのでした。

画像Amazon

  • 聖書や聖杯伝説では、この最後の晩餐こそ聖杯誕生の瞬間としているのに杯の形をしたグラスはない
  • 聖杯の形は女性を表している
  • 絵の中にいる女性は、キリストの隣にいるキリストの妻マリアだけ
  • マリアとキリストの間には杯の形作っている

マグダラのマリアはキリストの妻だった。

マリアは身ごもっていて、フランスで娘を生んだ。

教会にとっては天国への鍵を握るのが女性で、女性は脅威のため、異端尋問がはじまり魔女狩りが行われた。

キリストの権威が娘に受け継がれていたとしたら・・・。

これがシオン修道会が守っていた秘密。

生きているかもしれないイエスとマリアの末裔を守っているのです。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「ダ・ヴィンチ・コード」ネタバレ含む感想

画像Amazon

私はさきに小説を読んでいたので、こんなに複雑な大作をどうやって1作品に収めるのだろうと懸念していましたが、見事に映像化されていました。

聞きなれない言葉が多い作品で、小説だと注釈を行ったり来たりでかなり理解するのが大変だった記憶があります。

正直、小説のほうが圧倒的に面白いです。

ですが小説は超大作で複雑な用語も多いので、映画のほうがわかりやすくはあります。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画「ダ・ヴィンチ・コード」は秀逸謎解きミステリー

以上、ミステリー映画「ダ・ヴィンチ・コード」のあらすじとネタバレ解説でした。

ややこしい話が多いですが、ラングドン教授とともに真相に近づくまでの謎解きが楽しいミステリー映画です。

個人的には、小説がかなり面白かったので、本と映画あわせて楽しみたいですね。

「ダ・ヴィンチ・コード」を視聴するなら

映画「ダ・ヴィンチ・コード」はU-NEXTにて視聴可能です!

31日間のお試し期間があるのでお気軽にお試しください!

お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません。




無料トライアル実施中!<U-NEXT>