本当に面白い衝撃どんでん返し映画

【不条理すぎて後味が悪い】映画「隣人は静かに笑う」あらすじとネタバレ解説、感想、レンタル禁止理由も

隣に引っ越してきた夫婦と交流する中で芽生える違和感。

この隣人、どこかおかしい。

隣人の正体とは?不審な行動の目的はなんなのか。

調査するさきに待っている運命は、あまりにも残酷すぎました。

本記事では、映画「隣人は静かに笑う」のあらすじとネタバレ解説、感想をつづっています。

画像Amazon

>>「隣人は静かに笑う」をAmazonプライムビデオで視聴する

映画「隣人は静かに笑う」あらすじ

マイケルはある日、道で大けがを負った少年を助け、それがきっかけで近所に越してきたラング家と親しくなる。

暖かい家庭、そして優しい笑顔に、マイケルの心も癒されるが、誤配された一通の手紙から小さな疑惑が生じる。

-何かがおかしい-

密かにラングの過去を調べるマイケル、そして明らかになる彼の正体。

恐るべき事に、そこは国家を狙った強大な陰謀が隠されていた。

マイケルが総てに気づいた時、彼は自分がすでに罠の真只中にいることを知る。

・・・そのラストの衝撃に全米公開が延期になった問題作。

引用Amazon

しだいに明らかになる隣人の正体を知ったとき、そして目的を知ったときはあまりの恐ろしさに戦慄します。

ラストに賛否両論なのは納得。

こんな後味の悪い映画も珍しいです。

驚きのラストが気になる方はぜひ鑑賞してみてください。

>>「隣人は静かに笑う」をAmazonプライムビデオで視聴する

映画「隣人は静かに笑う」総合評価・感想

映画「隣人は静かに笑う」おすすめ度
ストーリー
(4.5)
衝撃度
(4.0)
後味の悪さ
(4.5)
おすすめ度
(4.0)

鑑賞後はなんともいえないやるせなさに気分が沈んでしまいます。

そして、こういうことってシチュエーションは違えど身近にありそうだなと思うと恐ろしさも感じます。

理不尽、不条理。

それでも良い方だけ映画を視聴してみてください。

>>「隣人は静かに笑う」をAmazonプライムビデオで視聴する

映画「隣人は静かに笑う」ネタバレ解説

注意

ここからはネタバレ含みますので、まだの方はさきにご鑑賞ください。

>>「隣人は静かに笑う」をAmazonプライムビデオで視聴する

ネタバレ解説:最初の疑惑

  • マイケルは隣人のオリバーに違和感を持つ
  • 調べると、オリバーは16歳のころに、ウィリアム・フェニモアという名前で爆弾魔として逮捕されていたことが判明
  • オリバーによれば、「政府が農家だった父の水を奪い、何も育てられずに借金がかさんで父は自殺。そんな過去があったから爆弾魔になった、若気の至りだった。」とのこと。
  • オリバーという名前は25歳のときに亡くなった幼なじみの名前で、過去を隠すためにその名を引き継いだ
  • 過去のことを息子に知られたくないとの思いで隠していたとのこと
  • その後、あやしげな行動をとるオリバーを不審に思ったブルックは彼を尾行
  • するとオリバーがアルミ缶の輸送を依頼しているところを目撃
  • マイケルが言っていたように怪しいと感じたブルックは公衆電話でマイケルへ留守電を残す
  • しかし電話していたところにはオリバーの妻シェリルの姿が
  • その後ブルックは交通事故で死亡
  • 悲しみに暮れるマイケルをなぐさめるオリバー夫妻だった

ネタバレ解説:疑惑再び~結末

  • ブルック死亡の翌朝ウイットから電話があり、「金曜日に伝言を入れた」と言われるがそんなものはなかったとマイケルは言う
  • 電話は盗聴されていてウイットの伝言もブルックの伝言も消されていたのだった
  • 再びオリバーへの疑惑がわく
  • マイケルはセントルイスでのテロ事件の犯人の父親を訪れる
  • そこで犯人は、マイケルの息子グラントがいるキャンプに参加していることを知る
  • グラントに危機が迫っているとマイケルはキャンプ地へ。しかし息子はすでにブレディとともに帰宅していると告げられる
  • マイケルは急いでグラントが乗っている車を追う
  • たどり着いた家にはオリバーが待っていて、「いいお隣さん」でいれば息子は戻るといわれる
  • その後マイケルはリバティ宅配便を追いオリバーがアルミ缶を手にしているのを目撃
  • リバティ宅配便を追うマイケルは、その車内にグラントの姿を見つける
  • オリバーから倉庫に引きずり出されたマイケルは彼がテロリストであることを確信
  • オリバーの話から、FBI本部が爆破されると思ったマイケルは急いでリバティ宅配便が向かうFBI本部へ車を走らせる
  • しかしリバティ宅配便を追うもグラントの姿はない
  • まさかと思い自分の車のトランクを開けると、爆弾が
  • オリバーに引きずり降ろされたときに仕掛けられたのである
  • 爆弾は爆発し、ビルは崩壊、マイケル死亡
  • メディアによる報道では、このテロはマイケルによる犯行だと伝えられる
  • 亡き妻が元FBIであることと関連づけられ報道されていたのだった

>>「隣人は静かに笑う」をAmazonプライムビデオで視聴する

映画「隣人は静かに笑う」はレンタルショップからのレンタル禁止?

映画「隣人は静かに笑う」、調べてみるとレンタルショップではレンタル禁止となっているようです。

(すべてのレンタルショップで禁止されているかどうかはわかりませんが)

レンタル禁止の理由って?

調べてみるとハッキリとした理由はわかりませんでした。

ただ、1995年に起きたオクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件をモチーフにしていることや、映画公開からしばらく後の2001年にアメリカで起きた同時多発テロ事件があってから、レンタルショップに商品として並べるのはふさわしくないと判断されたのでしょうね。

映画自体は2001年以前に製作されたものですが、テロをテーマとした作品のためデリケートな扱いとなっているようです。

映画「隣人は静かに笑う」を視聴する方法

視聴したい場合は、Amazonや楽天などでDVDを購入するか、動画配信サービスを利用するかのどちらかで視聴しましょう。

>>「隣人は静かに笑う」をAmazonプライムビデオで視聴する

映画「隣人は静かに笑う」ネタバレありの感想

オリバーはマイケルを狙っていたと思う

マイケルはというと、

  • テロの歴史を大学で教えている
  • 妻はFBIで、潜入捜査中に殺害された

ことから、FBI本部爆発の動機と関連づけやすい。

マイケルにはFBI本部を爆破させるだけの理由があると考えたのでしょう。

だから、引っ越して来る前からマイケルをテロ犯に仕立て上げるために綿密な計画を企んでいたのだと思います。

オリバーが誰かの指示でやっているのか、それとも個人的な意思なのかは不明ですが、用意周到なテロ計画でした。

不条理すぎる

不条理の一言に尽きる映画です。

題材こそテロで日本ではそれほど身近ではないですが、善人を犯人に仕立て上げる行為と考えると、結構身近にも起こっていそうだと思いました。

そして、その人に絡む事実を動機に関連づける・・・考えるとゾッとしますね。

さんざん振り回され恋人は死亡し息子を巻き込んで、挙句の果てには自爆テロ犯として語られていくなんてあまりにも残酷すぎます。

おそらくオリバー夫妻はこのあともターゲットを見つけ出して犯行を重ねるのでしょう。

>>「隣人は静かに笑う」をAmazonプライムビデオで視聴する

とんでもない不条理映画「隣人は静かに笑う」

以上、後味の悪いどんでん返し映画「隣人は静かに笑う」のあらすじとネタバレ解説、感想でした。

あまりの後味の悪さには落ち込んでしまいますが、良いサスペンス映画だと思います。

>>「隣人は静かに笑う」をAmazonプライムビデオで視聴する